参加者の声

テーマ:災害図上訓練DIGを通して学ぶ「巨大災害を盛り込んだ人生設計」(講師:小村隆史氏)に参加して

2008年に、塾長の山﨑達枝さん編集の『いのちとこころを救う災害看護』を担当した際に、災害看護の初歩を学んだつもりでした。が、今回講義を受けて目からウロコ状態です。こんな大規模な災害対策を考えていた人がいたなんて。

個人レベルの話ではなく、都道府県いいえ国家レベルで取り組む必要があると。しかし、どんなに説得力があって納得したとしても、国家レベルではとても無理と誰もがあきらめてしまいそうです。当然私もそう思いました。しかし、先生の壮大な構想は実現に向けての思索もありました。

photo
photo

まず、個人の防災意識を変えることから始めようと提案。そのために、一人でも今すぐできること、知っているのと知らないのとでは大違いの情報を具体的に解説。

模擬地図を使って災害時の避難のシミュレーション、また実在の拡大地図を使った地域防災のシミュレーションなど、参加者全員で考え楽しく学べました。

一昨年の東北関東大震災を教訓に、私たち一人ひとりが正しい知識をもち、すこしでも安全な国を未来に引き継いでいくことが、地震大国日本で暮らしている私達の役目だと実感しました。できることから始めましょう。

学研メディカル秀潤社 田口由利

photo
Copyright© Tatsue YAMAZAKI